那珂川町は日本版ポートランドかも!? | 一人暮らしの女。みかの場合。

Home » 一人暮らしの女 » 那珂川町は日本版ポートランドかも!?

那珂川町は日本版ポートランドかも!?

こんにちは、みかです。
会社の先輩に素敵な女性がいます。
バリバリ仕事はこなすけど、仕事一筋というのではなく、一番大切にしているのはご主人とすごす時間だそうです。
この前、ランチを一緒に楽しんでいた時、その方が住んでいる場所が筑紫郡那珂川町の賃貸マンションだと知りました
初めて聞く地名なのでポカンとしていると、「新幹線で通勤してるのよ!」と笑顔で言うのでビックリ!

実は那珂川町は福岡市南区と接する街で、そこにはJR博多南線が走っているそうです。
新幹線の回送電車が走っていた区間で、もったいないから住民を博多まで運んでほしいという要望から生まれた駅が博多南駅なんです。
乗車すると次の駅が博多で、乗車時間は10分。
運賃は300円。
「エッ、300円!?」と椅子から転げ落ちそうでした。
那珂川町に住むことを決めた理由を尋ねると、先輩はこんなことを話してくれました。
「アメリカで住みたい街No.1がオレゴン州のポートランドなの。サステナブルで、身の丈に合った上質な暮らし、自然と都市機能がバランスよく調和したコンパクトシティなんだけど、那珂川町は日本のポートランドかも」。
これは言い過ぎ、と訂正しながらも、その町の住みやすさが伝わってきました。

博多南駅周辺にはショッピング施設や隠れた名店などが集まってきていて、ご主人とお店を巡るのが休日の楽しみだとか。
賃貸物件はどんな感じかも聞いてみました。
博多南駅から徒歩8分のRC造マンションで、間取りはLDK12.5畳、和室6畳、洋室6畳の2LDK。
広さは55.6平米で、家賃は4.7万円+共益費3000円だそうです。
話を聞いているだけで、こんな街にすみたい!と思いました。

一人暮らしの女