香椎・千早エリアは次子心がくすぐられる街です | 一人暮らしの女。みかの場合。

Home » 一人暮らしの女 » 香椎・千早エリアは次子心がくすぐられる街です

香椎・千早エリアは次子心がくすぐられる街です

こんにちは、みかです。
福岡市東区の賃貸マンションで一人暮らしをしてま〜す。
福岡の大学に入学して以来、様々な区やエリアで生活してきました。
そして、福岡が好きになったというか、人情の厚さと気風の良さ、都会的なセンスのファッションや美味しい料理などに魅せられて、10年近く住み続けています。
その経験を活かし、これから福岡で一人暮らしを始めようと考えている貴女に、知っておくといい地域情報や賢い賃貸生活のアドバイスをしていきたいと思います。

まず、第一回目は、今、私が住んでいる東区についてご紹介します。
このエリアに住もうと決めた理由は、いろいろありすぎて困るくらい!
東区は博多湾に面して広がっている街で、大学などの学校が多くあるほか、海沿いにはマリンワールドなどのテーマパークや大型ショッピングセンター、海の中道海浜公園や志賀島など、都会的な雰囲気と自然がうまく調和しているのがステキです。
中でも、香椎・千早地区は東区の中で一番活気があって気に入りました。
それに、職場である天神までの通勤も便利。
香椎駅や千早駅から博多駅まではJR鹿児島本線で10分足らずで行けちゃいます。

というわけで、私が選んだのは千早駅から徒歩5分のマンションです。
間取りはダイニング・キッチン6畳、洋室9畳の1DKで、一人暮らしには十分な広さです。
家賃は5.5万円+管理費4000円。東区の家賃相場はワンルーム 3.29万円 1K 3.79万円 1DK 4.26万円 1LDK 6.05万円なので、相場より少し高い感じですが、設備やセキュリティがしっかりした物件を重点的に選びました。
この他のエリアで探すなら、九産大前駅や箱崎駅周辺もおススメです。
九産大前駅界隈は家賃も安そうですし、学生街でコンビニや飲食店も充実しています。
箱崎駅界隈も学生街でしたが、九州大学のキャンパス移転で跡地の再開発が進められていて、新しい街に変わっていくのかもしれません。

一人暮らしの女